本年も昨年に引き続き、鳥取県建設担い手育成協議会の事業の一環として、鳥取工業高等学校様にてUAV測量演習を実施しました。

1限目の授業ということで8時30分ごろ学校に到着し、準備を始めました。雨が降ったりやんだりの天候のため、体育館にてドローンを実演することにしました。準備作業がひと段落したら教室へ向かいます。途中の廊下ですれ違う生徒さんがしっかりとしたあいさつをしてくださいます。いよいよ先生より紹介をいただき授業がはじまりました!

冒頭の15分程度は、座学としてドローン測量とその応用例についてお話しました。その後、体育館へ移動しドローンが飛行する様子をご覧いただきました。実際に飛行する様子をお見せすると関心を持って見ていただけるのでこちらもうれしくなります。

今回の授業が測量等に対して関心を持つきっかけになってくれればとてもうれしいことです。関係者の皆様ありがとうございました。