8月8日(土)に、当社も業務に携わっている鳥取市大桷地内を中心とした大桷遺跡にて現地説明会が開催されました。現地説明会とは、発掘作業にて発見された様々な出土品、柱穴などの建造物跡など現地の状況について一般の方に説明するための説明会です。

daikaku1当日は、実に100人以上の方々が見学にお見えになっていました。

 

 

 

 

 

 

 

daikaku2

かなり、広い現場でしたが、暑い中、丁寧な説明をされていました。

 

 

 

 

 

 

 

現場の写真です。遠くに見える人の大きさから現場の大きさが実感できます。

daikaku3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出土品です。写真手前より、縄文時代~平安時代にかけての土器です。

daikaku4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

烏取県最古の絵馬です。当時の人々はこの絵馬を用いてどのような祭祀を行っていたのでしょうか。

daikaku5

 

 

 

 

 

 

このようなものが烏取の地下に眠っていると思うと、何かワクワクします。

1000年以上前の物が残っていて当時のくらしぶりがうかがえ、非常に楽しく感じました。