笑顔あふれる まちつくり

環境事業

環境事業

環境事業では、「マジックバイオくん」の開発・販売を行っております。

マジックバイオくん 優れた特徴

バイオ菌<バイオテック・ユーノサ>の特徴

生ゴミをバイオ菌によって水と炭酸ガスに分解する過程では、悪臭の元となる物質のアンモニアなどが生成されやすい。 しかし、この分解過程がスムーズかつ迅速に最終段階まで行われると、悪臭の元となる成分の生成は抑えられます。
このことから、マジックバイオくんのバイオ菌「バイオテックシリーズ」は、 ”悪臭の成分を最大限に抑え、有機物を迅速かつ効率よく水と炭酸ガスに分解する。”という、 高い分解能力による減容を目標に開発された当社独自のものです。
もちろん、この「バイオテックシリーズ」には、自然界の土壌に普通に生息する菌の中から選出した特定のバクテリアを 特殊培養して配合した精製バイオ菌を使用していますので、環境はもちろんのこと、人にも安全なものです。

バイオの力で限りなく0に近い減量を実現 【消滅型】

バイオの力で生ゴミを限りなくゼロに減らすことが可能です。

処理できるもの

  • 炭水化物      ・・・・・   パン、麺類、ご飯など
  • 繊維質・セルロース   ・・・・・   野菜、果物など
  • タンパク質     ・・・・・   肉、魚など
  • 脂肪        ・・・・・   動物性油など

処理時間の短縮化に成功 【短時間】

1日の最大処理量はTECH-660タイプで50kg、TECH-150タイプで15kg処理でき、生ゴミを必要処理サイクル約5時間で消滅させます。

脱臭能力の強化 【脱臭力】

自社のバイオ菌体(バイオテック・ユーノサ)は、有機物を分解するときに生成される悪臭のもととなるメタンやアンモニア、 有機酸などの生成を最小限に抑えるので気になる臭いを出しません。 その上、脱臭装置を標準装備しており、3段階の脱臭工程により気になる臭いを徹底的に処理します。

清潔な環境作り 【衛生的】

生ゴミをすぐに処理できるので、いつも清潔な環境で暮らすことができます。

楽しいデザインで明るい環境 【デザイン性】

お客様のご要望により機械にオリジナルデザインを施します。 生ゴミと聞くとあまり良いイメージではありませんが、こんなデザインをしてみると生ゴミを処理するのが楽しくなります。

簡単な操作で作動し、その後はすべて電機制御 【簡単操作】

生ゴミを投入して、スイッチを押すだけ。あとはマジックバイオくんがすべてを処理してくれます。

マジックバイオくん 生ゴミ処理の流れ

大自然の生ゴミの流れ

私たちの食生活から出る生ゴミとは、どのようなものでしょうか?
成分的に見てみますと、米・パンなどの炭水化物、獣肉・魚肉などのたんぱく質、野菜類などの繊維質…。  これらはみな、有機物です。有機物は、バクテリアによって分解されます。
山林や河や海の動植物はその生命を終え、やがて土に還ってゆきます。 これは、土中・水中のバクテリアが、動植物を形成している有機物を分解し、カロリーと栄養分を得ているのです。 そこから得たカロリーで活発な活動を始め、得た栄養分から細胞成分を合成し、バクテリア自身の繁殖が行われます。 ここまでは人間の生命維持活動と似ています。異なっているのは、バクテリアは自身の活動と繁殖のために、 有機物からカロリーと栄養分を得、後は水と炭酸ガスに分解して大気中に放出します。

1.投入物(生ゴミ)

大根・キャベツは半分に切り、さんまは丸ごと使用します。
投入物の内容

  • 購入した食品  ・・・・・・・・・ 9kg
  • 残食 ・・・・・・・・・・・・・・21kg
  • 野菜くず ・・・・・・・・・・・・16kg

計46kg

2.生ゴミ投入後 2回転

生ゴミを投入して2回転させた状態です。これから1時間かけて生ゴミを攪拌していきますが、 ただ細かくするだけではなく練りつぶすといった感じで処理されていきます。

3.投入後 20分経過

たけのこの皮のように繊維の多いものは残っていますが、時間がたつと糸くずのように小さくなっていきます。

4.投入後 40分経過

投入物はほとんど確認できないくらいの大きさになりました。 炉内の温度は高くなり、少しずつ蒸気が出ているのが確認できます。

5.投入後 1時間経過

繊維質もだいぶ細かくなり、投入物はほとんど確認できないくらいに練りつぶされています。 これからは菌体による発酵分解作用が活発に行われ、炉内温度も上昇します。 生ゴミに含まれる水分もどんどん蒸発し、炭酸ガスと共に大気中に出て行きます。

マジックバイオくん 取り扱い上の注意

※無機物に当たる成分は消滅せず菌体の中に蓄積されていきます。
※肉や魚ばかり等、偏った投入を行うと処理能力が低下します。1種類のみは、全体の30%以内にしてください。
※生ゴミ投入の際は、水気を切ってから投入してください。過剰な水分は菌体の劣化を招きます。
※タバコの吸殻やつまようじなど、生ゴミには絶対に混入しないようにして下さい。
※脂肪分の処理には時間がかかります。(大量投入は出来ません。)

マジックバイオくん 標準地域型仕様

>>仕 様
■標準タイプ

品番
TECH-550

TECH-150
最大処理能力 50kg/日 15kg/日

外形寸法(mm)
2,119 1,282
奥行 1,052 895
高さ 1,740 1,238

装置重量(kg)
約940 約410
主要部装置材質
SUS304(主要部)
電源
三相200V(50/60Hz)

最大消費電力(kw)
7.3 4.1
脱臭装置
活性炭など2資材による脱臭方式
設置場所 屋内設置型※2
設置可能地域 一般地域※3
メンテナンス
弊社の販売店をご利用いただきます。

■触媒式脱臭装置内臓 標準タイプ

品番
TECH-550K-A1
最大処理能力 50kg/日

外形寸法(mm)
2,119
奥行 1,052
高さ 2,190(排気筒含む) 1,815(本体)

装置重量(kg)
約910
主要部装置材質 SS、SUS304(主要部)
電源 三相200V(50/60Hz)
最大消費電力(kw) 約9.6
脱臭装置 触媒式脱臭方式
設置場所 屋内設置型※2
設置可能地域 一般地域※3
メンテナンス 弊社の販売店をご利用いただきます。

 

※2
TRCH550は専用建物TECH-BOX(テックボックス)に収納することにより屋外設置も可能です。
※3 機械周辺温度が0℃を下回らない場所。

 

マジックバイオくん 寒冷地域型仕様

 >>仕 様
■寒冷地タイプ

品番
TECH-550

TECH-150
最大処理能力 50kg/日 15kg/日

外形寸法(mm)
2,119 1,282
奥行 1,052 895
高さ 1,740 1,238

装置重量(kg)
約940 約410
主要部装置材質
SS,SUS304(主要部)
電源
三相200V(50/60Hz)

最大消費電力(kw)
約6.3 約3.2
脱臭装置
オゾン+活性炭脱臭方式
設置場所 屋内設置型※1
設置可能地域 一般地域・寒冷地※1
メンテナンス
弊社の販売店をご利用いただきます。

■触媒式脱臭装置内臓 寒冷地タイプ

品番
TECH-550K-A1
最大処理能力 50kg/日

外形寸法(mm)
2,119
奥行 1,052
高さ 2,190(排気筒含む) 1,815(本体)

装置重量(kg)
約950
主要部装置材質 SS、SUS304(主要部)
電源 三相200V(50/60Hz)
最大消費電力(kw) 約12.1
脱臭装置 触媒式脱臭方式
設置場所 屋内設置型※2
設置可能地域 一般地域・寒冷地域※3
メンテナンス 弊社の販売店をご利用いただきます。

※1 屋外に設置する場合は、寒冷地域専用建物TECH-BOX(寒冷地域用テックボックス)に収納する必要があります。

マジックバイオくん よくある質問

脱臭資材は市販のものを使用してもよいですか?
指定のものをご使用ください。市販のものをご使用されますと、処理能力が低下する場合があります。
菌体を長持ちさせるためのポイントは?
基本的には偏った生ゴミの投入をしないなど、投入される生ゴミの種類が重要になりますが、もうひとつのポイントは菌体の水分比率です。理想的な比率は約30~50%。これよりも水分が多い状態が3日以上続くと菌体の劣化が進み、交換時期が早くなる場合があります。
消耗品や菌体の交換など、メンテナンスが大変なのでは!?
清掃、交換のサイクルは平均1~2ヶ月に約1回程度ですので、お客様で十分対応していただけます。それでも手間がかかって大変…と思われる場合は、委託することもできますのでお気軽に販売店へご相談ください。(委託された場合の費用は、お客様のご負担になります)
決められたサイクルで清掃や交換をしなかった場合、どうなるの?
清掃等の目的は、装置の運転をスムーズに行うためなのはもちろんのこと、消耗品を長く維持する為やヨリ効果的な脱臭を行う為などたくさんの目的があげられます。使用頻度にあわせたメンテナンスで、お客様のコストの負担も軽くなります。
マジックバイオくんの家庭用はないのですか?
現時点での計画はございませんが、いずれ個人レベルで生ゴミ処理をしなければならなくなるかもしれません。 そのころには…?
処理量が50Kg以上の、大型タイプはないのですか?
200Kgタイプを受注生産で販売しています。まず、お客様のご希望条件等をヒヤリングさせて頂き、その内容をもとに図面を製作いたします。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0857-24-3755 受付時間 9:00 - 17:30 (土・日・祝日除く)

PAGETOP