本日は現場確認のためUAV撮影を行ってきました。山地では雪も見られました。UAV撮影では、地上から人や車両で機材を持ち込むことが難しく手間がかかるといった地形や崖、土砂崩れの現場など人が近づくのに危険を伴う場所でも素早く安全に撮影、測量が行なえます。今後もUAVを安全に運航して測量作業を円滑に実施するために、様々な情報を収集し、取り組んでいきます!